よくある質問(FAQ)

XPANDコードについて

XPANDコードとは、横長スリット形状を特長とする、空間とスマートフォンをリンクさせるためのバーコードです。
用途はQRコードと同様で、標識や看板など空間内のXPANDコードをスマートフォンで読み取ることで、空間のより詳しい情報を表示させる起点になるものです。
たとえば、標識を読み取って多言語で内容を表示する、バス停を読み取ってバスの運行状況を表示する、スタジアムのビジョンを読み取って試合やグルメなどの情報を表示する、といった使い方ができます。
遠距離から読み取れることが特長で、200m以上先からの読取りに成功した実績があります。
QRコードは正方形のため、空間内で使う場合には、看板などの本来の表示内容が犠牲になり、ノイズ的なデザインが景観公害を引き起こします。
これを解決し「近距離はQRコード、遠距離はXPANDコード」と使い分けることによって、景観を守りながら利便性を高めることを目的に開発されました。

スマートフォンのカメラとソフトウェアの性能に依存しますが、埼玉スタジアム2002での読取り試験では、215m先のXPANDコード読取りに成功しています。

XPANDコード対応アプリで読み取ることができます。
iPhone標準カメラやQRコードアプリからは、QRコード複合型の「XPANDコードQ」を読み取ることができます。

XPANDコード発行については、こちらをご覧ください
導入規模や形態によって異なりますので、個別にお見積りいたします。

無料版もあります。XPANDコードジェネレーターをご利用ください。

無料版は固定ですが、有料版は設定画面から変更可能です。

アクセスレポートの提供はありませんが、外部ツールとの連携で実現可能です。

Pro版以上の場合は配色変更が可能です。サイズは300mm以上が推奨です。最大サイズには制限がありません。

できます。

XPANDサインへの組込みを含め、コンビニエンスストア・飲食店・宿泊施設・観光施設・商業施設・医療施設・公共施設・集合住宅等で導入されています。


特化型では、帯広駅バスターミナルでの路線バス案内、展示会での表示物多言語化等で活用が始まっています。
スポーツチームのユニフォームや用具での活用も始まっています。

表示できます。利用者の言語に合わせて、表示内容を切り替えることができます(コンテンツ側の仕様によります)。

XPANDコードについては、パートナーから購入する場合には、個別見積させていただきます。
XPANDサインについては、100個以上の場合、ロット販売やデザインカスタマイズに対応いたします。100個未満の場合はAmazonよりお買い求めください

XPANDコードはスマホへ誘導する起点であるため、12桁の数字のみを持たせます。リンク先で情報を表示させます。

不要です。

コンテンツ側の仕様により自動翻訳させることもできます。

設定できます。

XPANDコード対応のQRコードリーダーで読み取ることができます。


QRコード複合型の「XPANDコードQ」であれば、すべてのQRコードリーダーアプリで読み取ることができます。

Load More

XPANDサインについて

「XPANDサイン」は、鉄道や公共交通サインを数多く手掛けてきた当社のノウハウを詰め込んだ高品質なサインステッカーです。
店舗や施設などのお好きな箇所に張り付けるだけで、すぐに案内サインとして使用できます。

Amazon.co.jpよりお買い求めください
大量注文・カスタマイズのご要望やAmazonのご利用が難しい方のご相談はお問い合わせページからご連絡ください。

期間の制限はありません。

XPANDサインのリンク先を変更する場合は「カスタマイズ版」をご購入下さい。
XPANDコードジェネレーターでXPANDコードをご自分で発行し、独自のデザインステッカーをご作成いただくことも可能です。

XPANDサイン「オーダーメイド版」サービスをご利用ください。
XPANDコードジェネレーターでXPANDコードをご自分で発行し、独自のデザインステッカーをご作成いただくことも可能です。

XPANDコードについては、パートナーから購入する場合には、個別見積させていただきます。
XPANDサインについては、100個以上の場合、ロット販売やデザインカスタマイズに対応いたします。100個未満の場合はAmazonよりお買い求めください

Load More

XPANDコードの読み取り方法について

XPANDコード対応アプリで読み取ることができます。
iPhone標準カメラやQRコードアプリからは、QRコード複合型の「XPANDコードQ」を読み取ることができます。

XPANDコード対応のQRコードリーダーで読み取ることができます。


QRコード複合型の「XPANDコードQ」であれば、すべてのQRコードリーダーアプリで読み取ることができます。

Load More

費用について

XPANDコード発行については、こちらをご覧ください
導入規模や形態によって異なりますので、個別にお見積りいたします。

無料版もあります。XPANDコードジェネレーターをご利用ください。

含まれません。

Amazon.co.jpよりお買い求めください
大量注文・カスタマイズのご要望やAmazonのご利用が難しい方のご相談はお問い合わせページからご連絡ください。

XPANDコードについては、パートナーから購入する場合には、個別見積させていただきます。
XPANDサインについては、100個以上の場合、ロット販売やデザインカスタマイズに対応いたします。100個未満の場合はAmazonよりお買い求めください

Load More

XPANDスマートスポンサーシップについて

Starter(無料版)の場合、申込みはチーム単位です。
リンク先はチーム内全て同一で、選手ごとにリンク先を変えることはできません。
Proもチーム単位ですが、選手単位で申し込むこともできます。
この場合は、それぞれの選手がクラウドファンディングで募集を行うことになります。

月額課金の場合は、1年間の契約を前提として、月々のシステム利用料をお支払いいただく形です。
途中解約の場合の違約金はありませんが、発行したXPANDコード/QRコードは無効になりますので、読み取ることができなくなります。
クラウドファンディングの場合は、1回の募集で1年間の有効期間が付与されます。つまり、年に1回以上クラウドファンディングでの募集を行っていく前提です。
尚、切り替えは可能ですので、初年度はクラウドファンディング、2年目以降は月額課金、といった契約も可能です。

Proでは、スポンサー/サポーターリスト表示のために、WordPressが1アカウント付与されます。
フルにカスタマイズする権限がありますので、チームのウェブサイトやブログとして使っていただくことも可能です。
尚、契約期間が終了した場合には、WordPressアカウントも消滅しますので、移転作業を行っていただく必要があります。

Sterterに申込み、チーム独自でクラウドファンディングでの募集を行っていただいても結構です。
この場合、スマートスポンサーシップをリターンのひとつとして使っていただくことになります。
尚、当社からはサポートを行えませんのでご了承ください。

機能面での主な違いは以下の通りです。

Pro
・WordPressのアカウントが付与される
・リンク先を管理画面から自由に変更できる

Starter
・スポンサー/サポーターの簡易リストアカウントのみ付与される(WordPressではありません)
・リスト内に、本サービスの広告が表示される
・リンク先は変更できない

主な違いは以下の通りです。
尚、Proの場合は後からもう一方のタイプに変更する(再発行する)ことが可能です。

XPANDコード
・ユニフォーム等の中でスペースを取らず、すっきりと収まる
・遠距離や汚損に比較的強い
・配色をカスタマイズしやすい
・対応リーダーが必要になる

QRコード
・ユニフォーム等の中でスペースを取り、目立ちすぎる
・遠距離や汚損に比較的弱い
・配色はカスタマイズしにくい
・標準のカメラアプリで読み取れる(iOSの場合)か、対応アプリが多い

ユニフォームをオーダーするときに、デザインの中に含めて、一緒に製作するのが見栄えや耐久性の点でベストです。
当社では、各ブランドのユニフォームに対応する「ユニフォーム製作サービス」も提供しています。
ご希望の場合は、フォームからのお申込み時にお知らせください。
既存のユニフォームに貼り付ける場合には、印刷会社にシールタイプのものを発注してください。
市販のアイロンプリントや布シールシートにプリントして貼り付けることもできます。

背中に貼るケースが多いですが、位置に制限はありません。
尚、競技団体の協会や大会により、XPANDコード/QRコードが広告として取り扱われ、位置・サイズ等の規制を受ける場合があります。
お申し込みの前に、予めご確認ください。

Proの場合は、ベクトルデータをダウンロードできますので、Adobe Illustratorなどで色を変更することができます。
Starterの場合は、ビットマップデータのみの支給になりますが、事前にカラーパレットからご希望色を指定していただくことができます。
尚、当社では、各ブランドのユニフォームに対応する「ユニフォーム製作サービス」も提供しています。
チームカラーと正確に合わせたい場合や、読取り率を落とさない配色で作りたい場合にご利用ください。
お問い合わせはフォームからお願いします。

もちろん結構です。
XPANDコードジェネレーターにウェブサイトのURLを入力すれば、できあがりです。

Load More

導入・運用について

スマートフォンのカメラとソフトウェアの性能に依存しますが、埼玉スタジアム2002での読取り試験では、215m先のXPANDコード読取りに成功しています。

無料版は固定ですが、有料版は設定画面から変更可能です。

含まれません。

アクセスレポートの提供はありませんが、外部ツールとの連携で実現可能です。

Pro版以上の場合は配色変更が可能です。サイズは300mm以上が推奨です。最大サイズには制限がありません。

できます。

「お問い合わせ」ページよりお願いいたします。

表示できます。利用者の言語に合わせて、表示内容を切り替えることができます(コンテンツ側の仕様によります)。

リンク先となるコンテンツサーバーはお客様の独自サーバーをご利用いただけます。

お客様に対する直接のフォロー・サポートは、契約主体(当社またはパートナー)が担当いたします。

XPANDコードはスマホへ誘導する起点であるため、12桁の数字のみを持たせます。リンク先で情報を表示させます。

不要です。

コンテンツ側の仕様により自動翻訳させることもできます。

設定できます。

Load More

セキュリティについて

XPANDコードからコンテンツへの転送は、当社の中央サーバーで管理していますので、第三者によるURL改ざんはできません。
また、有害コンテンツへのリンクを遮断する等の機能を提供予定です。

Load More

XPANDパッケージについて

XPANDコードは数メートル先から案内看板や展示パネルをスマートフォンで読み取るような使い方ができますので、展示会でも威力を発揮します。
展示会などにおいて外国人バイヤーへのより効果的な訴求を求めて、展示品について多言語で情報を得られるようにしたものが「XPANDコード展示会多言語化パッケージ」です。

「XPAND.CODES for BUS」はバスに特化した総合サービスパッケージです。
バス関連企業とのパートナーシップにより、旅客者向けには運行情報提供、バス事業者向けには運行管理・監視など各種サービスをご提案いたします。

Load More