サインを起点に情報をつなぐ。それが空間リンク「XPANDコード」。