XPANDコードとは

貼るだけでサインが多言語対応になる。
それがXPANDコードです。

XPANDコードの機能は、QRコード(2次元バーコード)やJANコードなどと同様で、スキャンしてスマートフォンに情報を表示させる起点になるものです。
但し、XPANDコードは案内サイン・標識・看板といった掲示物の拡張のみを目的に開発されました。この点が他のコードと異なります。

XPANDコードをスマートフォンでスキャンすることで、多言語対応・個人別最適化(パーソナライゼーション)、バリアフリー/ユニバーサル対応した情報を表示させ、案内サインの機能を手軽に拡張することができます。

 

誕生の経緯

それは鉄道向けサインから始まった

2010年前後から、鉄道駅での多言語表示が本格化しはじめました。
日英2言語から中韓を含めた4言語、さらには台湾向けの繁体字中国語に日本語のふりがなを含めた6言語にまで、表示がエスカレートしようとしていました。
「対応言語の拡充に注力するあまり、表示そのものの視認性がきわめて悪化しつつある状況を何とかしなければならない」
この思いから、サイン自体は簡素にし、多言語表示やユニバーサルデザイン対応を補完する方向が定まりました。
私たちは、2000年代前半にガラケーの公式コンテンツを構築・提供した経験があり、スマートフォンの普及も始まっていたことから、これをツールとして活用。サインに取り付けたコードを読み取って、拡張情報を提供する研究が始まりました。

QRコードの憂鬱

コードでもっとも有力なのは、当時既に普及していたQRコードでした。

しかし、横幅も視認距離もメートル単位になるサインに、正方形のQRコードを読み取り可能なサイズで組み込むと、あまりにも大きな面積を占め、サインは台無しになってしまいました。

公共空間の構成要素であるサインには、もっとスマートな処理が必要です。

そこで、私たちはあえて「車輪の再発明」をすることにしました。コード以外の方法も含め、試行錯誤を繰り返した結果、スリット状のコードにたどり着きました。

XPANDコードの完成

こうしてXPANDコードは完成しました。

誕生の経緯から、サインデザインと調和することがXPANDコード開発の最大の目XPANDコードのバリエーション的でもありました。
そこで、XPANDコードは、一定の範囲内で縦横比や配色も自由に変えられる仕様としました。

こうして、バーコード側については、あらゆる人にやさしい情報提供を行いながら、サインデザインと一体化して美しい景観づくりの実現にも寄与できるものとすることができました。

他方、スマートフォンからの読み取り方式についての検討も進めました。
バーコード類を読み取る場合、アプリを用意するのが定番ですが、XPANDコードを読み取るための方法は、あえてウェブアプリ方式としました。

スマートフォン連携サービスでは、それぞれに読み取りアプリが乱立しています。
しかし、限られたストレージを浪費する上に、余計なアイコンばかりが多くなって、見た目にも大変醜くなってしまいます。
さらに、ウェブアプリであれば、AppleやGoogleへの申請手続きも不要になるため、低コストで柔軟な情報発信ができるという利点もありました。

もっとも、現状ではスマートフォンのブラウザーだけでバーコードを処理することはできないため、汎用バーコードリーダー「pic2shop」だけインストールし、ウェブと連携させるという方法を採りました。

 

リリースと改善

XPANDコードのリリース後、各方面からの反響がありました。
予想以上に好意的な意見が多かったものの、いくつかの指摘も受けました。内容は主に2つでした。

ひとつは「XPANDコードのことは誰も知らないのだから、コードが設置されていても、利用者に何かアクションを起こさせるための仕掛けが必要ではないか」という点。

もうひとつは「ウェブアプリ方式が非常にわかりにくく、利用者が混乱する」という点。

そこで、普及の障害となるこの2点について改善を進めていきました。

XPANDコードQのリリース

「XPANDコードのことは誰も知らない。しかし、QRコードを見れば、多くの人は「スキャンするもの」という発想が生まれる。ならば、QRコード複合型にしてはどうか。」

こうして生まれたのが、XPANDコードの追加版「XPANDコードQ」です。
XPANDコードの右端に、デザインの一部としてQRコードを組み込みました。

これにより、一般のQRコードリーダーアプリから直接QRコード部分を読み取っても、多言語表示などXPANDコードのサービスがそのまま使えるようになりました。

さらに、近距離から読み取ることを前提とするQRコードと、少し離れたところから読み取ることを前提とするXPANDコードが補完し合うという思わぬ効果も生まれました。

XPANDコード XPANDコードQ QRコード
読み取り距離数十センチまで 適しない QRコード部は適する
(近距離限定)
適する
読み取り距離数十センチから遠距離 適する 適する 適しない
サインデザインとの調和 調和する QRコードが多少目障り 調和しにくい
XPAND.CODESでの表示サービス対応 フルサービス フルサービス フルサービス
(非推奨表示あり)

XPANDコードv2のリリースとオープン接続プログラムの提供

「使い方がわかりやすいのは、やはりアプリ方式。しかしXPANDコードだけの専用アプリを用意するのは、当初のコンセプトに反する。普及しているQRコードやバーコードリーダーアプリでXPANDコードを読めるようにできないだろうか。」

難点がひとつありました。

XPANDコードはデザイン優先で開発されたため、バーコードとしては読取りにくい仕様になっており、高性能な認識エンジンでないと読み取れない状況だったのです。
これを利用するとすれば、開発・運営コストがかさむ上、既に普及しているリーダーアプリの多くを読取り対象外とすることになってしまいます。

そこで、バーコード側のデザイン改良で読取りのハードルを下げることができないか、アプリ開発側の協力も得て、試行錯誤が行われました。
その結果、デザイン変更だけで、標準的な認識エンジンでも読み取れるレベルまで改良することに成功。
XPANDコード バージョン2(v2)が誕生しました。

さらに、既存のリーダーアプリでXPANDコードを読める環境づくりを進めるため、開発者にとって極めて負担の少ない方法で対応できる方法を用意。「XPANDコード オープン接続プログラム」として提供することにしました。

サインと共存できるバーコードのスタンダードを目指して。XPANDコードは歩みを進めていきます。

 

新着記事

  1. メディア掲載履歴を更新しました。 「StartupTi…
  2. メディア掲載履歴を更新しました。 「サインアンドディス…
  3. メディア掲載履歴を更新しました。 「MdN Desig…